1本の回線で2番号分同時に使えるNTT加入電話

1本の回線で2番号分同時に使えるNTT加入電話

まずは、従来からよく知られている電話回線・NTT加入電話についてご紹介しましょう。

NTTが提供し、電話加入権を利用するもので、ISDN回線とアナログ回線との2タイプがあります。
ビジネスにおすすめのタイプはISDN回線です。

このプランでは1本の回線で、2番号分同時に使えるので、電話と電話、電話とファクス、電話とインターネットなど、ニーズに応じた使い方が可能です。
しかも、同時に使えるので、効率よく回線を利用できるのです。

・ファクスの専用番号を設置したい。
・複数の電話番号を設置したい。
・毎月の費用を抑えたい。
・電話とファクスを同時に利用したい。
・インターネットと電話を同時に利用したい。

などといった方におすすめのプランです。

また、転送機能サービスを付加すれば、社内でも社外でも受信が可能となって、大変便利です。
ボイスワープサービスを付加する、あるいはターミナルアダプタを設置することで、転送が可能となります。

前者の場合には毎月の利用料が発生しますが、転送先の端末にも発信者番号が表示され、着信履歴に残ります。ですから、折り返し連絡を取る、といったことが可能です。

後者の場合には、ターミナルアダプタさえ設置すれば無料で転送できるサービスが提供されています。
これは、通信サービスの加入取次店などを利用すると可能になるのですが、転送先の端末には発信者番号が表示されない、というデメリットがあります。

機能重視とするか、費用重視とするかは、状況に応じて選ばれると良いでしょう。

    Copyright(C) 電話回線雑学 All Rights Reserved.