一般加入電話の回線がなくても固定電話が持てる

一般加入電話の回線がなくても固定電話が持てる

さて、通話料金が無料となる、という驚きのサービスを実現したのが、IP電話です。

どんなに長い間話しても、どれほど距離が離れていても通話料を無料とするには、「同じ提携グループ内の利用者同士なら無料」という条件があります。

が、この条件に当てはまらなくとも、全国一律で通話料金が格安なので、業務上、海外との通話が多い事業所や遠方の支店との通信が多いオフィスでは、距離に応じて高くなる一般加入電話をIP電話に変更すると、かなりのコストダウンが見込めるはずです。

一般加入電話回線を用いずに、ブロードバンド回線を利用するIP電話は、NTT等の一般加入電話回線との併用が可能です。
また、一般加入電話の回線がなくとも、ブロードバンド環境さえあれば、固定電話としてIP電話をもつこともできます。

すでに一般加入電話が設置されている場合には、今使っている電話機をそのまま使えますし、電話番号も、現在の電話番号に加えて050のつくIP電話専用の電話番号を新しくもらうことができます。

インターネットとIP電話を同時に使用することも可能ですし、IP電話のプロバイダと携帯電話会社のプロバイダが同じであれば、携帯電話への通話料金も格安となりますので、ご利用状況に応じてプロバイダを選ぶと良いでしょう。

    Copyright(C) 電話回線雑学 All Rights Reserved.